テンピュール トゥルースリーパー

マットレストッパーとして人気の高いテンピュールトゥルースリーパーを、いろんな視点とスペックで比較しました。

人_目の上に手を添えてこちらを真っ直ぐ見つめる女性

いずれかで比較・検討されている方、よろしければお役立てください。

比較は、最も規格が近い以下2つで行います。
・テンピュールの比較対象モデルフトンシンプル
・トゥルースリーパーの比較対象モデルプレミアケア

テンピュール トゥルースリーパー|価格 比較

両目にビットコインを当てて遠くを見る表情の女性の画像

価格の比較

テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパーの価格 比較・一覧は次の通りです。

【価格(税込)】

テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
シングル:52,800円
セミダブル:60,500円
シングル:27,280円
セミダブル:29,480円
ダブル:31,680円
クイーン:33,880円

金額差は大きいですが、マットレスの素材特性もかなり違うので、価格以外のトコロをきちんと見極めるのがポイントです。

よめ
よめ
性能寝心地お値段相当だよ。

テンピュール トゥルースリーパー|素材 比較

寝具で使われる素材の特徴とメンテナンスとクリーニング有無のまとめ

芯素材の比較

テンピュール・トゥルースリーパーの芯素材 比較・一覧は次の通りです。

【芯材の素材】

テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
低反発ウレタン(テンピュール®)+高耐久ベース低反発ウレタン(ウルトラ ヴィスコエラスティック)

どちらも芯材には低反発ウレタンを使っていますが、素材自体の性質耐久性などは大きく異なります。

また、テンピュールには高硬度ウレタンを組み合わせているので、寝心地もかなり変わります。

よめ
よめ
テンピュールはお値段も高額だけど、使ってる素材の品質や設計も豪華

テンピュール トゥルースリーパー|硬さ 比較

柔らかい毛布に包まれた赤ちゃんの足の裏の画像

硬さの比較

テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパーの硬さ 比較・一覧は次の通りです。

【硬さ:N値が大きいほど硬め】

テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
94N65N

どちらもウレタンなので、N(ニュートン)値で硬さ比較ができます。

どちらも、柔らかめスペックを意味しています。

参考:JIS規格におけるN値とかたさの定義はコチラ

JIS規格のN(ニュートン)値と硬度の定義は次の通りです。

【硬さのスペックとN値 対照表】

区分用語(表示名)
110ニュートン以上かため
75ニュートン以上110ニュートン未満ふつう
75ニュートン未満やわらかめ

データソース:消費者庁HP

テンピュール トゥルースリーパー|反発性 比較

低反発ウレタンに手を押して跡が付いた様子の画像

高反発・低反発の比較

テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパーの反発性 比較・一覧は次の通りです。

【反発性能】

 テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
反発弾性中反発 高反発画像低反発低反発ウレタンに手を押して跡が付いた様子の画像
メリット
  • 身体の形・体重・体温に合わせて沈み込むので姿勢を歪めにくい。
  • 面で身体を支えるので血行を阻害しにくい。
  • 触感や寝心地が気持ちいい。
  • 寝返りが打ちやすい。
  • 適度なサポート力
  • 身体の形・体重・体温に合わせて沈み込むので姿勢を歪めにくい。
  • 面で身体を支えるので血行を阻害しにくい。
  • 触感や寝心地が気持ちいい。
デメリット
  • 特になし。
  • ウレタン自体に通気性がない&隙間なく身体に密着するので蒸れ易い。
  • 芯材がないと沈み込み過ぎて姿勢を歪める。
  • 底付き感がある。

プレミアケアのような低反発×単層構造はメリット・デメリットが顕著で、パッドを使った吸放湿性の補助は必須ですし、下に敷くマットレスの性能も受けやすくなります。

\トゥルースリーパーの使用例/

トゥルースリーパー 使い方イメージ

対して、テンピュール フトンシンプルでは、一般的な高反発・低反発素材のデメリットがなく非常に安定したトッパー性能を持ちます。

なお、薄く柔軟性が高いのはトゥルースリーパーと同じなので、下に敷くマットレスの影響を受けやすいです。

テンピュール トゥルースリーパー|体圧分散性 比較

体圧分散説明gif出典:ムーンムーン

体圧分散性の比較

テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパーの体圧分散性 比較・一覧は次の通りです。

【体圧分散性】

テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
非常に良い非常に良い

「体圧分散=表層が柔らかい」です。

をついたり、マットレスの上で立つグイっと沈むのに、寝てみる面で支えられているような寝心地になるのが特徴です。

● 横になっても身体が沈み過ぎるのは、体圧分散に優れているのではなく、ただ柔らかいだけです。
● そのようなマットレスは腰痛を引き起こすので、単独で使ってはいけません

トゥルースリーパーは非常に優れた体圧分散性能を持っていますが、柔らかすぎるので組み合わせるマットレスには注意が必要です。

【トッパーは組み合わせるマットレス性能の影響を受ける】

  • マットレスに十分なサポート力がない場合:沈み込み過ぎて腰痛・肩凝りを引き起こす
  • フローリングやベッドなどに直置きした場合底付きして寝心地が悪くなる。

よめ
よめ
トゥルースリーパーを最大限活かすなら、サポート力強めのマットレスと組み合わせるのがおすすめだよ。

対して、テンピュールの下層には高耐久ベースが組み込まれているので、下に敷くマットレスにそれほど神経質にならなくても大丈夫です。

\テンピュール フトンシンプル 断面図/

テンピュール フトンシンプル 断面イメージ 図解

よめ
よめ
触感は好みだけど、デメリットがほぼないのがテンピュールのフトンシンプルだよ。

テンピュール トゥルースリーパー|通気性 比較

目を閉じて、優しく息を吹きかける、髪をお団子にした女性

通気性の比較

テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパーの通気性 比較・一覧は次の通りです。

【通気性】

テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
×
オープンセルウレタンクローズセルウレタン

通気性に関しては、ウレタンそのものに微細な穴を持つテンピュールが圧倒的に優位です。

ちなみに、一般的なウレタンフォームには通気性は皆無で、テンピュールのようにウレタン自体に通気孔がある特殊なものオープンセルウレタンと呼ばれます。

オープンセルウレタンとは

一般的なウレタンフォーム(下図左)の内部にはたくさんの気泡がありますが、各気泡は密閉成型されているため通気性は皆無です。

対して、オープンセル(下図右)には、気泡間に無数の通気孔があるため、ウレタン内部を空気が通過できます。

ウレタンのオープンセルとクローズセルの違い 図解

なお、トゥルースリーパーは、ウレタン自体に通気性がない上に、身体の隙間を埋めるように密着する性質も相まって、熱籠りと蒸れは起きやすいです。

よめ
よめ
トゥルースリーパーは、季節に応じたパッド使い必須になるよ。

【マットレスの通気性について】

  • 通気性には、寝ている間の体温や湿度を調整する役割があり、睡眠の質眠りの維持に欠かすことができません。
  • また、ダニ・カビの発生リスクを減らし、マットレス自体の耐久性を伸ばしてくれますので、通気性が高いに越したことはありません。

テンピュール トゥルースリーパー|重さ 比較

体重計を真上から撮影した画像

重さの比較

テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパーの重さ 比較・一覧は次の通りです。

【重さ】

テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
シングル:6.9kg
セミダブル:8.8kg
シングル:4.6kg
セミダブル:5.6kg
ダブル:6.6kg
クイーン:7.6kg

テンピュールの方がウレタン密度が高いためと思われますが、トゥルースリーパーより確実に重いです。

ちなみに、どちらも柔らかいので敷布団みたいな三つ折りや、ロール状に丸めることが簡単にできるので便利です。

トゥルースリーパー 使い方イメージ

よめ
よめ
移動収納もやりやすい。

テンピュール トゥルースリーパー|厚さ 比較

両手の幅でおじいさんの高さをはかる女性

厚さの比較

テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパーの厚さ 比較・一覧は次の通りです。

【厚み】

テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
6cm5cm

マットレスは、厚みが増すほど底付き感が減り、寝心地がマイルドになります。

マットレス本体の耐久性や性能の安定性も上がるので、「厚いものほど上質」は、あながち間違いではありません。

なお、トッパーは厚みが増すほどにマットレスの影響を受けにくくなりますので、手持ちのマットレス性能を活かしたい場合は、厚み5cm以下のトッパーを使うのがベターです。

  • 5cm以下の厚み:マットレスの硬さ・反発力の影響を受ける
  • 5cm以上の厚み:マットレスの硬さ・反発力の影響を受けにくくなる。

よめ
よめ
布団シンプルもトゥルースリーパーも、既存マットレスの性能が活かすタイプのトッパーなんだ。

テンピュール トゥルースリーパー|耐久性 比較

半分くらい砂が落ちた砂時計のある風景

耐久性の比較

テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパー耐久性 比較・一覧は次の通りです。

【ウレタン密度】

テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
非公開非公開

ウレタンの耐久性は、ウレタン密度(D)の値で予測できるのですが、どちらも密度情報は非公開なので、メーカー保証耐久テストで耐久性を予測するしかありません。


◎テンピュール フトンシンプルについて

テンピュール フトンシンプルは、2年間のメーカー保証付きで、最低でも2年の耐久性があります。

また、8万回耐久テストクリアの実績もあるので、5年程度は利用可能なスペックだと判断しています。


◎トゥルースリーパーの耐久年について

トゥルースリーパー ネオフィール 活用シーン

わたしの経験&一般的な低反発ウレタンの耐久性&口コミを総合的に判断した結果、トゥルースリーパーは概ね3年~5年程度の耐久性と評価しています。


ちなみに、トッパーには枕やマットレスのようなサポート力はそれほど必要なく、ヘタっても寝心地はあまり変わらないことから、多少劣化したままでも使い続けることができるアイテムだったりします。

よめ
よめ
マットレスはヘタると駄目だけど、トッパーヘタっても寝心地はあまり変わらない

テンピュール トゥルースリーパー|保証 比較

ハート 手 花 ピンク

保証の比較

テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパーの保証 比較・一覧は次の通りです。

【保証】

種類テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
お試し60日間60日間
へたり2年1年(セット購入で2年~3年に延長も可)

保証には2つの種類があります。

【2つの保証タイプ】

  • お試し保証:◎◎日間以内なら、使っていても返品・返金してくれる保証。
  • ヘタリ保証:◎年以内にヘタリが見られたら、無償で交換対応に応じる。

ヘタリ保証があるものほど製品の信頼度は高く、長いものほど耐久性が良いです。

この2つにはメーカー保証が付くので、どちらも高品質な製品と言えます。

よめ
よめ
高品質な製品ほど寝心地がよい&長持ちするので、購入金額以上のリターンも見込めるよ。

なお、どちらもお試し期間があるので、マッチングに不安がある方にも心強いですね。

テンピュール トゥルースリーパー|腰痛とおすすめ

マットレス 腰痛

腰痛について

就寝中と寝起きの腰痛は、腰が沈み込むことで起きるケースがほとんどなので、自分が寝た時に必要以上に沈み込まない構成にすることが、腰痛軽減効果を最大化するポイントです。

やわらかいマットレスが「腰痛を引き起こすまでの2STEP」はコチラ

柔らかいだけのマットレスは、次の2STEPで寝姿勢を歪め、腰痛を引き起こします。


腰・肩を中心に体圧が集中する

人間の体圧は位置によってかかる比率が異なり、腰部に最も集中します。

\横になった時のパーツ毎の体圧比率/

頭・身体・臀部での体重分散割合の図解
よめ
よめ
腰・肩だけで全体の75%もの体重が集中するんだよ。

体圧の集中する背中・腰部が沈み込み、徐々に姿勢をゆがめる

やわらかいだけのマットレスだと、背中・腰部必要以上に沈み込み、長時間背骨を歪ませ、歪んだ姿勢を固定化してしまいます。

バランスの悪い体圧分散のイメージ 柔らかすぎて腰を痛めるケース出典:https://somresta.jp/
よめ
よめ
寝ながらにして猫背状態が続いてしまうんだ。

不自然な姿勢が長時間続くことで背骨・骨盤が歪み腰痛を引き起こす

姿勢の悪化が腰痛の原因となる背骨の歪みを助長し、長時間の不自然な姿勢が、腰痛を引き起こします。

腰痛に襲われ、顔歪めて痛みに耐える若い女性
よめ
よめ
腰痛持ちの出来上がり。

なお、どちらのトッパーにも身体の沈み込みをコントロールできるほどのサポート力はないので、サポート力のあるマットレスや敷布団の併用は必須です。

サポート力が担保されたトッパーは、抜群の体圧分散性疲労回復効果・姿勢矯正効果を高めてくれるので、腰痛対策にも期待が持てます。

\サポート力+体圧分散性が揃うと、腰に負担のない寝姿勢で休める/

トゥルースリーパー 体圧分散 効果 イメージ図解

テンピュールとトゥルースリーパーでどちらの方が腰痛効果が高いかというと‥‥、どちらも柔らかいマットレスなので、そう違いはありません。

強いて言うなら、反発性能・通気性能の高さからテンピュールフトンシンプルの方が、多角的&効果的なサポートを期待できます。

テンピュール トゥルースリーパー|お手入れ

人_クリーニング

テンピュールもトゥルースリーパーも、基本的なお手入れは 室内干し と ローテーション です。

マットレスの基本的なメンテナンス方法はコチラ

マットレスのメンテナンス方法は基本的に次の2つです。


ローテーション

マットレスのローテーション メンテナンスのイメージ図

寝る位置はだいたい決まっているため、一箇所にかかる圧力や摩耗を分散し、マットレスの劣化を緩やかにする方法です。

  • やり方:マットレスを上下・裏表を反転させる。
  • 頻度:3ヵ月に1度程度

室内干し

マットレスの室内干しのイメージ図 参考ビブラート1出典:https://subscmatt.com/

湿気を溜め込みがちなマットレスの上下面を空気に触れさせることで乾燥を促します。

  • やり方:通気性のよい室内に、マットレスの上下面が空気に触れるように立てかける。
  • 頻度:3ヵ月に1度程度
マットレスの素材は温度や日光に弱いため、外干し厳禁です。

ちなみに、どちらも敷布団のように柔らかいトッパーなので、除湿には工夫が必要です。

【トッパーの主な除湿方法】

  • カバーを取り外して洗濯する。
  • 扇風機をあてる(裏表)。
  • 布団干しを使って干す。

テンピュール トゥルースリーパー|テンピュールの特徴

テンピュール 3つのポイント

テンピュールの特徴

テンピュールは低反発マットレスのトップブランドで、NASAが唯一認めた体圧分散性能を備えたマットレスです。

\NASA認定ロゴ/

nasa認定のロゴ

つい「低反発=ただ柔らかいだけ」かと考えてしまいますが、高反発素材を組み込んだ多層構造になっているのでサポート力も申し分ありません。

腰痛持ちの方体格の大きい方でもしっかりと支え、睡眠の質をワンランク上げてくれる非常に優秀なマットレスです。

保証トライアルサポート業界でもトップレベルに厚く、コスパはかなり良いです。

  • 価格:52,800円~429,000円
  • 素材:オープンセルウレタン
  • 構造:2層~4層
  • 硬さ:119N~245N
  • 反発性:低反発+高反発
  • 体圧分散:良い
  • 通気性:〇
  • 重さ:6.7kg~52kg
  • 厚さ:6cm~30cm
  • 耐久性(密度):非公表
  • 保証:製品保証10年・15年
  • トライアル:60日間(マットレスタイプに限る)

テンピュールの口コミ&レビュー

テンピュール トゥルースリーパー|トゥルースリーパーの特徴

トゥルースリーパー 3つのポイント

Amazon・楽天の直営店はコチラ

トゥルースリーパーの類似品が多いので、気を付けましょう。

また、直営店以外で購入すると保証付かないか短くなるので、必ず直営店から購入するようにしましょう。


\ショップジャパン Amazon直営店/トゥルースリーパー amazon


\ショップジャパン 楽天直営店/トゥルースリーパー 楽天

トゥルースリーパーの特徴

トゥルースリーパーは、手元のマットレスや敷布団の上に乗せるだけ簡単に寝心地を変えるトッパー・レイタイプのマットレスです。

トゥルースリーパー 使い方イメージ

ウレタンファイバー化学繊維をメインに使っているので埃が出にくく、抗菌防臭・防ダニ・防カビ加工をプラスしたラインもあるので、衛生面やアレルギーに敏感な方にもおすすめです。

トゥルースリーパー メルティスト 親子 寝る イメージ

既にお持ちのマットレスの寝心地をグレードアップさせたい方、柔らかさが欲しい方におすすめです。

【トゥルースリーパー プレミアケア 仕様】

  • 価格:27,280~33,880
  • 芯素材:低反発ウレタン(ウルトラ ヴィスコエラスティック)
  • 構造:単層
  • 三つ折り:〇
  • 硬さ:65N
  • 反発性:低反発
  • 体圧分散:非常に良い
  • 通気性:×
  • 重さ:4.6kg~7.6kg
  • 厚さ:5cm
  • 耐久性(密度):非公表
  • 保証:製品保証1年(最大3年)
  • トライアル:60日間

トゥルースリーパーの口コミ&レビュー

テンピュール トゥルースリーパー|まとめ

白いマットレスの上にあおむけになりながらこちらを見上げる白いセーターを着た女性

テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパーに共通する特徴は次の3つです。

  • 手持ちのマットレス・敷布団の上に乗せて使う。
  • 体圧分散性に優れる。
  • 単体では使えない。

大きく異なる点は次の2つです。

  • 通気性テンピュールが圧倒的に優れる。
  • 反発性能:テンピュール=中反発 / トゥルースリーパー=低反発

テンピュール フトンシンプルとトゥルースリーパーのおすすめの選び方は次のとおりです。

  • 通気性重視フトンシンプルがおすすめ。
  • 寝返りサポート重視フトンシンプルがおすすめ。
  • 低反発トゥルースリーパーがおすすめ。
  • リーズナブルトゥルースリーパーがおすすめ。

テンピュールとトゥルースリーパー プレミアケアの性能比較・一覧は次の通りです。

【テンピュール フトンシンプル・トゥルースリーパー プレミアケア 比較】

要素テンピュール フトンシンプルトゥルースリーパー プレミアケア
価格シングル:52,800円
セミダブル:60,500円
シングル:27,280
セミダブル:29,480
ダブル:31,680
クイーン:33,880
構造2層1層
三つ折り
通気性×
硬さ94N65N
体圧分散非常に良い非常に良い
密度非公開非公開
ヘタリ保証2年1年(最大3年)
お試し60日間60日間

どちらも甲乙つけがたい優れたトッパーですが、どちらもお試し利用できるので、迷ったときは「まずは使ってみる!」のがおすすめです。

よめ
よめ
結局、使ってみないことには分からない。

マットレスのおすすめ&人気ランキングはコチラ

マットレストッパーのおすすめ&人気ランキングはコチラ