マットレス ニュートン

マットレスの製品表示に出てくる D・N・高(低)反発といったウレタン独自の指標についてまとめました。

\JISのウレタンマットレス表示ラベルのサンプル/ウレタンフォームの製品表示サンプルのニュートンと記載のある部分のキャプチャ

それぞれの意味は次の通りです。

  • D:密度
  • N:かたさ
  • 高(低)反発:反発弾性

スペックでわかるのは、耐久性・寝返りのし易さ・寝心地です。

本頁では、ウレタンの特徴・マットレスに当てはめたときのスペックの目安理想的なウレタンマットレスの目標スペックなどを紹介していきます。

ウレタンマットレス選びでお迷いの方など、よろしければ参考にしてください。

マットレス ニュートン|硬さのN

睡眠_マットレスの上で欠伸をする黒い犬

N/ニュートン値とかたさの目安について

ウレタン製品の硬さは、N(ニュートン)という数値で表します。

【N値とは】

  • N値とは、ウレタンの硬さを表す指標で、呼称はニュートン

なお、JIS規格のマットレス表示基準は次の通りです。

【N値とかたさ 対照表】

区分用語(表示名)
110ニュートン以上かため
75ニュートン以上110ニュートン未満ふつう
75ニュートン未満やわらかめ

データソース:消費者庁HP

ちなみに、N値はウレタンそのものの硬度を表しますが、触れた時の感触は、N(ニュートン)値だけでは判断できないため、マットレスの構造も併せてチェックしておきましょう。

N値とは異なる触感を生む!?マットレスのユニークな加工方法と構造はコチラ

ウレタンの触感を変える、代表的な2つの加工方法を紹介します。


表層に切れ込みを入れる

表層に溝を入れることで、実際のN値以上に触感がマイルドになります。

\ビブラート1|かためウレタンを波型形状にすることで柔らかい触感に/

ビブラート1の体圧分散

他にも、単純にスリット(切れ込み)を入れたり、をあけるなどの加工でも、触感を変える事ができます。

\スリープマジック|スリット&ボーリングで柔軟性を調整/

スリープマジック3D構造_空気と湿気の通り道の図解出典:http://www.risetokyo.jp/

多層構造

N値の異なるウレタンを重ねることで、複雑な触感を作ることができます。

\コアラマットレスのマットレス構造図/

コアラマットレスのゾーンニング出典:https://jp.koala.com/

上図はコアラ・マットレスの分解図ですが、表面を極度に柔らかいN値を使いつつも、中間層・最下層に硬めのマットレスを敷き込む構造にすることで、ファーストタッチは柔らかいのに、芯のある硬さをもったマットレスを作っています。

よめ
よめ
触感とN値は、必ずしもイコールではないんだ。

硬さをチェックする時は、N値だけではなく、表層の加工多層構造の有無もチェックしましょう。

基本的に、マットレス表面に溝や穴があるもや多層マットレスは、一般的なN値よりマイルドな触感に感じる事が多いです。

  • N値は、高くても低くても品質とは関係ない
  • 触感は、ウレタンの加工方法によって変わる。

マットレス ニュートン|密度のD

緻密な連続ハニカム構造の立体画像

D/デニール値と耐久性の目安について

ウレタンの耐久性は、ウレタン密度のD:デニールが目安になります。

【D:デニールについて】

Dは、ウレタンの密度を表す指標で、呼称はデニール

  • 数値が高いほど高密度
  • 数値が高いほど高耐久
  • 数値が高いほど高価

D(デニール)値は、N値と違い デニール値の高さ=品質 と言っても過言ではありません。

ちなみに、マットレスの実用に耐え得るD値は次のとおり。

  • マットレス実用に耐え得るデニール値: 25D以上 

25Dを超えると、製品の経年変化は起こりにくく、耐久年数も実用的なレベルになります。

D(デニール)説明
10D~25D1日の使用中にもヘタりが目に見えるレベル。
数か月で形状変化してしまい、寝具としては数か月と持たない密度。
25D~30Dやや不安は残るものの、寝具としての1日の使用にも耐えうる密度がここ。
数値が低いほど耐久年数は下がり、3年持てばよい方と言える。
30D~45D寝具は、このスペックからが理想的
一日の使用でヘタることはほぼなく、経年変化にもとても強い。
普通に使うなら、5年以上もつことも珍しくない。
45D~高密度&強度で、長期にわたってヘタることはまずない。

有名な寝具メーカーのハイエンドモデルは、30D以上が多く、耐久年数5~10年程が相場です。

  • ウレタンマットレスは、30D以上を目安にする。

マットレス ニュートン|高反発との違い

低反発ウレタンに手を押して跡が付いた様子の画像

高反発とニュートンの違いについて

高反発低反発かは、ウレタンの反発弾性によって定義されます。

よめ
よめ
ニュートンは硬さの指標なので、全く別モノなんだよ。

ここにタイトルを入力

反発弾性とは、物体が跳ね返る性質のことで、ボールの落下テストや振り子の跳ね返りテストで計測します。

オーソドックスなボールの落下テストだと、例えば1M距離から落下したボールが50cm跳ね返れば反発弾性50%20cm跳ねかえれば反発弾性20%となります。

なお、高反発か低反発かは、反発弾性によって定義されます。

  • 高反発ウレタンの反発弾性:50%以上
  • 低反発ウレタンの反発弾性:15%以下

【高反発・低反発ウレタンの仕様と性能の比較 一覧】

項目高反発ウレタン低反発ウレタン
イメージ 高反発画像低反発ウレタンに手を押して跡が付いた様子の画像
反発弾性50%以上15%以下
価格安価(低反発の1/2程度)高価
触感フラットなスポンジ密の細かいしっとり感
重量軽い重い
感温性変化しにくい外気によって変化しやすい
かたさ自由自在やわらかめ

高反発ウレタンは、種類・性能も豊富なので、高反発ウレタンのみでマットレスを作っても支障はありません。

ただし、低反発ウレタンは、柔らかすぎるかたさ・密着性と非通気性による蒸れ・外気温に応じてかたさが変わる・衝撃吸収性が高く寝返りが打ちにくい…。といったデメリットも多いため、表層に薄く用いる程度がベターです。

まれに極厚の低反発ウレタンマットレスを見ますが、寝たきりの方・極度に筋力が衰えた方など、医療目的で使う方以外にはおすすめしませんね。

  • マットレスには、かたさの自由度が高く寝返りサポート性能の高い、高反発ウレタンがおすすめ。

マットレス ニュートン|通販に役立つ選び方

人_回転しながら笑顔で夢見る女性

マットレスにおすすめのニュートン値やスペック

マットレスとの相性は、1か月は使ってみないと判断できませんが、よきマットレスのスペックはおおむね決まっています。

マットレスと身体の相性が分かるまでの時間について

マットレスのマッチングは、例え「店舗に試寝できるベッドがあり、何度も横になった」としても、正しい評価は得られません

なぜなら、マットレスの身体への影響を正しく評価できるまでには、絶対的な利用時間が必要になるからです。

両手を広げて、微笑みながら肩をすくめる女性の画像
よめ
よめ
小一時間寝た程度では分からない。

【マットレスが馴染むまでの2STEP(1ヵ月)】

はじめて使うマットレスは、2段階で身体に変化を起こし、相性を正しく評価できるまでに、1ヵ月程度の時間を必要とします。

※時間には個人差があります。

枕に深く頭をうずめて横向きで寝る女性の画像
  1. 【~1週目】
    新しいマットレスに身体が馴染む時間。
  2. 【2週目~4週目】
    新しいマットレスの矯正効果が身体にフィードバックされる時間。

これからマットレスを探される方は、よろしければ、以下のスペックを目安にされるとよいでしょう。

【ウレタンマットレス おすすめスペックの目安】

項目推奨スペック
密度(D)30D(デニール)以上
反発属性高反発
硬さ(N)
  • N(ニュートン)に固執しなくてよいですが、単層のマットレスなら100N以上はあったほうがよいです。
  • 肌ざわり・感触の柔らかさは、N値だけではなく、表面の加工(スリット・ボーリング)有無も考慮して、総合的に判断するのがおすすめです。
体圧分散性
  • 異素材による多層構造化・特殊加工(スリット・ボーリング・ゾーニング)で、体圧分散効率を高めた製品がおすすめです。
  • ただ柔らかいだけではなく、必ず反発性能とセットで選ぶのがポイントです。

体圧分散とは?優れたマットレスの選び方

通気性
  • スリットがあるものか、オープンセルウレタンをおすすめします。
  • なお、通気性はベッドパッドでの対策もしやすいため、優先度を下げても良いです。

⇒マットレスのカビや通気性につてはコチラ

よめ
よめ
失敗し難いスペック&選び方だよ。

マットレス ニュートン|まとめ

枕に深く頭をうずめて横向きで寝る女性の画像

ウレタンマットレス選びで、押さえておきたいスペックは次の通りです。

  • 密度:30D以上。
  • かたさ:自分の体重に併せて選ぶ。
  • 反発弾性:高反発ウレタンがおすすめ。

ちなみに、マットレスの寝心地を決めるのは表層のやわらかさで、ふんわりした触感になっているもの・通気性のよいものほどおすすめですよ。

柔らかい毛布に包まれた赤ちゃんの足の裏の画像

以上、ウレタンスペックの見方とウレタンマットレスの理想的なスペックの紹介でした。

⇒マットレスのおすすめ&人気ランキングはコチラ