体圧分散

マットレスのカタログに、必ずと言っていいほど記載される 体圧分散 のメリットと注意点を解説します。

また、本当に効く体圧分散マットレス選び方・ポイントを紹介していきます。

「体圧分散っておいしいの?」と思っていた方は、ぜひ参考にしてください。

体圧分散|体圧分散とは?

ベッドの上で仰向けになって天井を見つめる女性

体圧分散とは?

体圧分散とは、身体に掛かる 圧力を分散する性質 のことです。

【体圧分散のイメージ図】

人間が床などに身体を横たえると、普通は身体の重み(体圧)がお尻などの凸部に集中するため、体圧は分散されません。

よめ
よめ
この状態だと、背中お尻がすぐに痛くなる


対して、下図のように身体の凹部を持ち上げて支えてくれると、背中やお尻に集中していた体圧が、腰・足・頸などに均等に分散することができます。

この状態を体圧分散と言います。

体圧分散に成功したイメージ

よめ
よめ
面で支えるので、同じ姿勢を長時間続けても辛くない。

なお、体圧分散に優れたマットレスは、仰向け寝のときだけでなく、凹凸の激しい横向き寝にも柔軟に形を変え、体圧を分散して面で支える性能を持ちます。

体圧分散説明gif出典:ムーンムーン

体圧分散|3つのメリット

ウサギのぬいぐるみを抱いて寝てしまった小さい女の子

体圧分散性能が高いことで得られるメリットは次の3つです。

  1. うっ血緊張を防ぐ。
  2. 身体を支え、筋肉の負担を減らす。
  3. 正しい姿勢を維持する。

うっ血や緊張を防ぐ

体圧分散性がないマットレスでは、背中と臀部にピンポイントで体圧が集中するため、短時間でうっ血や痛みを引き起こします。

【人間の凸部分にかかる体重の比率】

人間は、背中と臀部だけで全体重の77%の負担が掛かります。

点で支えるほど痛くなる理由・面で支えるほど痛くないはコチラ

理由は、圧力(Pa)の物理法則で説明できます。

  • 圧力は、支える接地面積大きくなるほど小さくなる。
  • 圧力は、支える接地面積小さくなるほど大きくなる。

つまり、面より点の方が支える重量が大きくなるため、筋肉や骨を押しつぶす事になります。

【圧力の公式】

ホワイトボードにロジックを書き込む男性の画像
  • 圧力(Pa)=力(N)÷面積(㎡)

なお、睡眠中にうっ血や緊張が起こると、無意識に寝返りを打って状態を緩和しようとします。

寝返り自体は睡眠に必要な行動ですが、必要以上に寝返りを打つと、充分な睡眠が摂れなくなるため、体圧分散でうっ血や緊張を起こり難くすることには、大きなメリットがあります。

【うっ血や緊張を防ぐことで得られる効果】

  • 途中覚醒の予防。
  • 不必要な寝返りを抑制することで深い睡眠を得られる。

筋肉の負担を減らす

人間の内蔵は、筋肉が引っ張り合うことで支えており、それは寝ている間も変わりません。

体圧分散性能によって、マットレスが凹部分を支えてくれると、睡眠中に筋肉が支えてきた力を抜くことができるため、睡眠による疲労回復効果が高まります。

体圧分散して面で支えるイメージ図出典:ムーンムーン

【筋肉の負担を減らすことで得られる効果】

  • 筋力のある方:より一層の疲労回復効果が見込める。
  • 筋力のない方:寝ることによる筋肉疲労を軽減できる。

正しい姿勢を維持する

寝姿勢は、立ったときと同じ背骨のカーブを維持できないと、腰痛肩こり内蔵不調を招きます。

体圧分散性に優れたマットレスは、凹部分を最適な圧で押し上げることで、寝姿勢の最適化を行ってくれます。

理想的な仰向け寝のイメージ

マニフレックス 寝姿勢のイメージ出典:https://www.magniflex.jp/

理想的な横向き寝のイメージ

出典:ムーンムーン

よめ
よめ
腰痛持ちの方・肩こりの方は、正しい姿勢で寝れていないことも多いんだ。

【正しい姿勢を維持することで得られる効果】

  • 姿勢矯正による腰痛・肩こりの改善。
  • 姿勢矯正による内蔵の活性化

体圧分散|3つのデメリット

あごに手を当て、目をつぶって考える女性の画像

体圧分散には柔軟性が必要ですが、柔らかいだけのマットレスには注意が必要です。

主な注意点は次の3つです。

  1. 通気性が悪い。
  2. 寝返りが打ちづらい。
  3. 背中や腰が沈み込み過ぎる。

通気性が悪い

体圧分散マットレスには、身体を包み込むように密着する素材が好んで使われます。

中でも、低反発ウレタン通気性が皆無なので、フル低反発ウレタンのマットレスには注意が必要です。

低反発ウレタンに手を押して跡が付いた様子の画像

なお、低反発ウレタンに限らず、密着性能・沈み込む性能・柔軟性能の高い素材は、通気性が苦手なケースも多いので、注意深くチェックするのがおすすめです。

【通気性の悪い素材のデメリット】

  • 寝汗による冷えが起こりやすい。
  • 体温上昇による中途覚醒のリスクが高まる。

⇒マットレスのカビや通気性についてはコチラ

寝返りが打ちづらい

体圧分散性能に優れた素材は柔らかいため、寝がえりが打ちづらくなる場合があります。

例えるなら、砂浜を歩くのと同じ原理で、動こうとするたびに、力が柔軟素材に吸収されてしまうため、簡単な力では動けなくなります。

砂浜の上に投げ出された素足の画像

寝返りが阻害されると、レム睡眠⇔ノンレム睡眠の切り替えができなくなることで眠りが浅くなるため、大きなデメリットです。

【寝返りが打ちづらくなることのデメリット】

  • 眠りが深くならず、充分な睡眠効果を得られない。

寝返りを打つ意味と睡眠について

背中や腰が沈み込み過ぎる

体圧分散は、埋まるように身体が沈み込む様子が印象的なので、「体圧分散=柔らかい」と思いがちです。

ですが、実は凹部分を押し支える反発性と保持性こそが最も重要です。

体圧分散説明gif出典:ムーンムーン

そして、しっかりと体重を支える保持力がないと、腰を中心に身体が落ち込むことにより、腰痛や肩こり、内蔵疾患の誘発や悪化を招くので注意が必要です。

\柔らかすぎるマットレスの利用イメージ/

バランスの悪い体圧分散のイメージ 柔らかすぎて腰を痛めるケース出典:https://somresta.jp/

体圧分散とは、自分の体重を適切に支えるだけの反発力と柔軟性のコラボがあって、はじめて成り立つ特性なんです。

よめ
よめ
柔らかいだけのマットレスは、むしろ要注意だよ。

【背中や腰が沈み込み過ぎることのデメリット】

  • 姿勢を歪め、腰痛・肩こり・内蔵疾患を誘発する。

体圧分散|敷布団とマットレスの違い

浴衣姿でうつぶせになり、敷布団の上で話をしている男女

敷布団とマットレスの違いについて

敷布団は、畳の上で使うことを前提とした厚めのクッションで、寝具単体の性能はマットレスには及びません。

よめ
よめ
フローリングやベッドフレームに使う寝具としては論外だよ。

寝具単体の基本性能を比較すると、明らかに敷布団の方が劣ります。

【マットレス・敷布団 性能比較】

性質説明敷布団マットレス
反発性睡眠の質を高める、寝返りをサポートする性質。×
体圧分散姿勢を保持し、筋力の負荷を軽減する性質。

保持力

沈み込みを防ぎ、姿勢の歪みを防ぐ性質。
通気性睡眠環境を換気し、良好な睡眠を維持する性質。
保温性外気を遮断し、冷えを抑制する性質。
防ダニ・防カビ性寝具内のアレルゲンを抑制する加工。

ちなみに、姿勢歪みの原因となる「腰部の沈み込み」は敷布団では起こり難いものの、床や畳に底付きすることで沈み込みを抑制する仕組みなので、体圧分散性脆弱です。

結果、敷布団による姿勢の矯正や、筋肉の負担軽減効果には期待できません。

対して、マットレスには寝具に必要な機能と性能全てを内包したオールインワンな寝具です。

寝具としての性能は、全ての面において敷布団よりも高いです。

【マットレスの特徴】

ベッドの上で仰向けになって天井を見つめる女性

マットレスには、敷布団にはない以下の特徴があります。

  • 高反発性寝返りをサポートする。
  • 柔軟性&クッション性&厚み:姿勢の歪みを最適化し、筋肉の負担を軽減する。

敷布団とマットレスの構造的な違い

マットレスと敷布団の違い芯材の有無で、マットレスの一部(詰め物)に相当するのが敷布団になります。

【マットレスと敷布団 構造的な違い】

マットレスは、大きく2つの素材で構成された寝具です。

芯材と詰め物のイメージ図
  • 表層(詰め物):ウレタン・中綿・羽毛・羊毛など
  • 芯材:ウレタン・スプリング・ラテックスなど

よめ
よめ
芯材が入ったマットレスを使うのがおすすめだよ。

マットレス:「詰め物+芯材」で出来た寝具。

敷布団:詰め物のみの寝具。

体圧分散|選び方

ブルーのクッションの置かれた白い部屋のベッドがある風景

マットレスを選ぶポイントは、次の5つの性能・構造を見極めることです。

  1. 反発性
  2. 柔軟性
  3. 保持力
  4. 通気性
  5. 多層構造

反発性

高反発画像出典:新英産業

反発性能には、次の特性があります。

  • 寝返りをサポートする。
  • 凹部の押し上げて、体圧を分散する。

選ぶときは、「高反発」を謳うマットレスから探すのがおすすめです。

注意点はマットレス表層のかたさで、かたい上に厚みがあると、身体が沈み込めずにうっ血や緊張を招き、充分な睡眠効果が得られません。

\かたいマットレスで体圧が分散されないイメージ/

硬いマットレスに寝ると、点で体圧が掛かるイメージ

体表的な素材は以下です。

  • 高反発ウレタン
  • 高反発ファイバー
  • ラテックス
  • マットレス表層には、高反発素材を選ぶ。
  • 高反発素材は、かたすぎないものを選ぶ。

柔軟性

柔らかい毛布に包まれた赤ちゃんの足の裏の画像

柔軟性能には、次の特性があります。

  • 身体を適度に沈み込ませ、背骨のカーブを理想的な位置に保つ。
  • 身体を面で支え、体圧を分散する。

選ぶときは、「高反発」を謳うマットレスから探すのがおすすめです。

ちなみに、反発弾性と素材のやわらかさは比例しないため、高反発でも柔らかいものは沢山あります。ぜひ、注意深くチェックしてください。

体表的な素材は以下です。

  • 高反発ウレタン
  • 高反発ファイバー
  • ラテックス
  • 低反発ウレタン
  • 綿(合成・自然含む)
  • マットレス表層には、高反発素材を選ぶ。
  • 高反発素材は、かたすぎないものを選ぶ。
  • 柔らかいだけの素材は選ばない。

保持力

ベッドの上で仰向けになって天井を見つめる女性

保持力には、次の特性があります。

  • 沈み込みを防ぎ、背骨のカーブを理想的な位置に保つ。
  • 身体を面で支え、体圧を分散する。

選ぶときは、マットレスの芯材のかたさに注目し、体重に最も適した「かたさ」を選ぶのがポイントです。

かたさの基準は、メーカーで明示されるかたさ指標を参考にします。

ウレタンだけは、製品表示ラベルからNという数値でかたさを知ることができます。

参考:JIS規格におけるN値とかたさの定義はコチラ

JIS規格のN(ニュートン)値と硬度の定義は次の通りです。

【硬さのスペックとN値 対照表】

区分用語(表示名)
110ニュートン以上かため
75ニュートン以上110ニュートン未満ふつう
75ニュートン未満やわらかめ

データソース:消費者庁HP

ニュートン・デニールなどの、ウレタンのスペックについてまとめました。詳しくお知りになりたい方はこちらもご覧ください。

マットレスのニュートンは高反発ではなく硬さのこと!通販でも失敗しない選び方

体表的な素材は以下です。

  • 高反発ウレタン
  • 高反発ファイバー
  • ラテックス
  • 低反発ウレタン
  • 綿(合成・自然含む)
  • マットレス表層には、高反発素材を選ぶ。
  • 高反発素材は、かたすぎないものを選ぶ。

通気性

目を閉じて、優しく息を吹きかける、髪をお団子にした女性

通気性には、次の特性があります。

  • 体温・湿度を適度に下げ、眠りを深める
  • 睡眠環境を最適化して、中途で目覚めにくくする。

選ぶときは、マットレスの素材や加工に注目するのがポイントです。

通気性に優れた素材は以下です。

  • オープンセルウレタン
  • 高反発ファイバー
  • 綿(合成・自然含む)

オープンセルウレタンとは?

一般的なウレタンフォーム(下図左)の内部にはたくさんの気泡がありますが、各気泡は密閉成型されているため通気性は皆無です。

対して、オープンセル(下図右)には、気泡間に無数の通気孔があるため、ウレタン内部を空気が通過できます。

ウレタンのオープンセルとクローズセルの違い 図解

通気性に優れた加工は以下です。

  • スリット(溝)加工
  • ボーリング(穴)加工
スリープマジック3D構造_空気と湿気の通り道の図解出典:http://www.risetokyo.jp/
  • マットレス表層には、高反発素材を選ぶ。
  • 高反発素材は、かたすぎないものを選ぶ。

多層構造

コアラマットレスのウレタン 三層のニューロン値 図解

マットレスの多層化には、次のメリットがあります。

  • 性能の異なる素材を重ねることで複雑な寝心地を実現する。

本頁の体圧分散ひとつとっても、やわらかさ・反発力・かたさ・通気性といった特性が必要で、ひとつの素材だけで体圧分散を実現するのは難しいことはなんとなくわかると思います。

事実、性能の優れたマットレスは、おおむね2~3層で作られていて、重ねることで優れたパフォーマンスを持ちます。

【効率的な多層構造のマットレスと各層の役割】

  • 表層:柔らかく通気性のよい高反発素材を用いて、しっかりと沈み込む
  • 第二層:程よいかたさの高反発素材を用いて、沈み込みを最適化する。
  • 第三層:かための高反発素材を用いて、余分な衝撃と底付き感を解消する。

ちなみに、4層以上の構造は、素材の高品質化や繊細な気持ち良さが盛り込まれた超高級品となし、マットレス価格がやたら高額になります。

よめ
よめ
実質的な性能を担保するには、2~3層構造を持つマットレスで充分。

  • 単層マットレスより、2~3層構造のマットレスの方が優れた体圧分散性能を持つ。
  • 4層以上の多層構造は必ずしも必要ではない。

体圧分散|人気のマットレス

白いベッドの上にあおむけになり、白い犬を片手に抱く青いシルクのパジャマを着た黒髪の女性

人気の体圧分散マットレス 4選

体圧分散性に優れた人気マットレスを4つ厳選しました。

よろしければ、マットレス選びの参考にしてください。

おすすめマットレス補足
NO.1

テンピュール

テンピュール オリジナル ふつう

 

NASA認定 低反発ウレタンのパイオニアブランドで、身体全体を面で支える体圧分散性が極上です。

コシと粘りもあるので沈み込み過ぎることもなく、朝までノンストレスで熟睡しやすいです。

▶テンピュールの口コミ

NO.2

エムリリー・ハイブリッド

柔らかいのに反発力のある第一層は、もちもちの柔らかさで、病みつき必至。

安心して支えてくれるコイルスプリングとのコラボも相まって、睡眠の質をワンランク押し上げてくれること間違いなしの気持ちよさです。

▶エムリリーの口コミ

NO.3

コアラ・マットレス

内部構造が2層から3層へリニューアルされ、反発力がよりマイルド&体圧分散性がアップしたコアラ・マットレス。

しっとりと包み込んでくれるファーストタッチはまるで無重力。

120日全額返金制度もあり、気軽に始められるのも◎です。

▶コアラマットレスの口コミ

NO.4

マニフレックス フラッグFX

柔らかい セルエリオセル MF をトップコートに配備し、超耐久&高硬度&高品質&高コスパを実現した、非常にバランスのよい逸品です。

厚みと下層の硬度も充分で、底付き感もなし

▶マニフレックスの口コミ

体圧分散|まとめ

フローリングに座る、ダメージジーンズをはいた女性の足元

体圧分散は、マットレスに欲しい性能の一つです。

一見、柔らかさだけの性能に見えますが、実際には反発力保持力が必須で、マットレスの素材と構造選びが重要になります。

【体圧分散性に優れたマットレスを選ぶポイント】

緑の縁取りの双眼鏡をつかって、こちらを微笑みながらのぞき込む小さな男の子

以下全てを満たしているものが理想です。

  1. 反発性
  2. 柔軟性
  3. 保持力
  4. 通気性
  5. 多層構造

よめ
よめ
やわらいだけ・かたいだけ・反発するだけのマットレスでは、体圧分散は実現しない。

以上、体圧分散のメリットとマットレスの選び方 の解説でした。

⇒マットレスのおすすめ&人気ランキングはコチラ