マットレス 直置き

マットレスを直置きするデメリット対策直置き向きマットレスを選ぶポイントを紹介します。

\マットレスを選べば、直置きでも快適!/

ソムレスタの上げ下げシーンの文字抜き画像出典:https://somresta.jp/

「敷布団からマットレスへ変えたい!」とお考えの方、ミニマリストの方、よろしければ参考にしてください。

マットレス 直置き|デメリット

顔を両手で覆い、信じられない!と悲壮感一杯にうなだれる男の子の画像

マットレス 直置きのデメリットについて

マットレス直置きの最も大きなデメリットは、マットレス内外が湿気ることです。

【湿気を帯びたマットレスの弊害】

  • 寝苦しくなる。
  • 気化熱で必要以上に冷える。
  • マットレス内部にカビが生え、アレルギーの温床になる。
  • マットレス内部にダニが発生しやすくなり、アレルギーの温床になる。
  • マットレス表面が黒カビ汚染される。
  • マットレス本体の劣化を早める。

マットレスが湿気を帯びると、百害はあっても一利もありません。

マットレス 直置き|カビが生える原因

人_人差し指を頬にあてて考え込む女性の横顔

カビの原因について

マットレスを床に直置きしただけで湿気が溜まりやすくなる理由は次の通りです。

  • 床面と接した通気性の悪い箇所には、湿気を含んだ空気が溜まりやすくなるから。

マットレス直置きが湿気を溜め込むプロセス

マットレスを床に直置きすると、空気の特性によってマットレス周辺には湿気だまりが起きやすくなります。

\床にマットレスを設置した時に湿気が溜まるプロセス/

床面に敷いたマットレスと床が面した角では空気の対流が少ないので、比重の重い湿った空気が溜まりやすいエリアと化します。

そして、時間と共に湿気を含んだ空気は集合&合体し続けるので、やがて水蒸気含有量が増加し、温度変化が伴うと「あっ」という間に結露します。

床にマットレスを直敷した時に、湿気だまりができるイメージの図解
よめ
よめ
直置きによって、マットレスが湿気をせき止める壁になってしまうんだ。

【水分を含んだ空気の特性】

  • 空気は湿気を含むと重くなり、床面付近を漂う性質がある。
  • 湿った空気は床に面した遮蔽物に溜まりやすい。
  • 湿気を含んだ空気は結合していくことで空気中の水蒸気濃度も上がる

湿気を含んだ空気が集まったところに急激な温度変化が伴う、あっという間に結露を起こして、カビを発生させてしまいます。

よめ
よめ
乾燥した冬に窓際がびちゃびちゃになるアレと同じ現象が、マットレスにも起こってしまう。

マットレスのカビ対策|予防方法と取り方&カビにくいマットレスとは?

マットレス 直置き|ベッドなしのカビ対策

コンクリート壁に発生したカビと染み

マットレスのメンテナンス方法

床にマットレスを直敷きする時の注意点はただ一つ、湿気(=カビ)への対応です。

床に密着した部分は、流体力学的にも湿気が溜まり易いポイントなので、通常はベッドフレームを使って床面から離すことで対策します。

おすすめベッドフレーム すのこベッドの設置イメージ出典:https://www.modern-deco.jp/

ベッドフレームのおすすめ&ランキング

ベッドフレームを使わない直置き派の方は、何かしらの理由でベッドが使えない状況ですから、そのぶん 小まめなメンテナンス を必要とします。

マットレスの基本的なメンテナンス方法はコチラ

マットレスのメンテナンス方法は基本的に次の2つです。


ローテーション

マットレスのローテーション メンテナンスのイメージ図

寝る位置はだいたい決まっているため、一箇所にかかる圧力や摩耗を分散し、マットレスの劣化を緩やかにする方法です。

  • やり方:マットレスを上下・裏表を反転させる。
  • 頻度:3ヵ月に1度程度

室内干し

マットレスの室内干しのイメージ図 参考ビブラート1出典:https://subscmatt.com/

湿気を溜め込みがちなマットレスの上下面を空気に触れさせることで乾燥を促します。

  • やり方:通気性のよい室内に、マットレスの上下面が空気に触れるように立てかける。
  • 頻度:3ヵ月に1度程度
マットレスには、温度や日光に弱い素材が使われていることが多く、ほとんどの製品は外干し厳禁です。

よめ
よめ
マットレスを直置きするなら、メンテナンスのしやすさで選ぶのがポイント。

「除湿シート」について

除湿シートの画像

小まめなメンテナンスが出来ないときや除湿効果を高めたいときは、除湿シートを活用するのがおすすめです。

すのこに比べて、吸湿&放湿効果がダイレクトに働き、床面も傷つけないのでおすすめです。

【除湿シート メリット】

  • 軽い・薄い・かさばらない
  • 高機能
  • 高耐久

おすすめ 除湿シート

わたしのイチ押しは、モットンの除湿シートです。

モットン除湿シートの使用例出典:https://motton-japan.com/
よめ
よめ
こんな薄いシートが、大きな違いになるんだよ。

モットンというと、高反発マットレスが有名ですが、除湿シートの性能がすこぶる良いんですよね。

主な特徴は次の通り。

  1. くり返し使えて経済的。
  2. 干し時が分かる湿気お知らせセンサー付き。
  3. アンモニアに対する消臭性が特に強い。
  4. 耐久性が高い。
  5. 吸水・吸湿の繰り返しによる吸水性能の低下がみられない。
  6. 塩分の含まれた寝汗もしっかり吸収。

第三者機関による性能テストでも、某大手ネットショップの1位・7位の製品以上の好成績をたたき出した良品です。

モットン 除湿シート 公式サイト

よめ
よめ
有ると無いとでは明らかに結果が変わるアイテムで、忙しい方こそおすすめ。

ちなみに、湿気対策としてポピュラーな すのこ を敷いてベッドフレーム代わりにするアイデアは、あまりおすすめできません

【すのこ デメリット】

すのこを真上から映した画像

一見良さそうに見える「すのこ」対策は、デメリットの方が多いです。

  • 高さと利用時間が不十分で、通気効果はそれほど得られない。
  • マットレスと一緒に、すのこも都度片づける必要があるため、上げ下げ作業が面倒。
  • 上げ下げのたびに、フローリング・畳をつけてしまう。

薄いすのこを敷くくらいなら、除湿シートの方が効果は高いかな‥と思います。

マットレス 直置き|マットレスの選び方

むしめがねをつかってしっかりとチェックする男性の顔のアップ

マットレスの直敷きを考えているなら、マットレスは通気性収納性優先で選ぶのがおすすめです。

直置きに向くマットレスの素材について

直置きに向くマットレスの芯・中綿素材は、通気性の高いものを選ぶのが理想です。

【通気性の高い素材】

  1. ファイバー:マロニーが絡まったようなファイバー繊維。
    エアウィーヴ マットレス エアーファイバーの断面図
  2. オープンセルウレタン:ウレタンの内部に微細な孔があり、通気性があるウレタン。
    低反発ウレタンに手を押して跡が付いた様子の画像
  3. 合成繊維:吸排湿性のあるポリエステル系繊維など。

スプリングマットレスも通気性は高いですが、メンテナンスがしにくいので直置きにはおすすめしません。

オープンセル構造とは

一般的なウレタンフォーム(下図左)の内部にはたくさんの気泡がありますが、各気泡は密閉成型されているため通気性は皆無です。

対して、オープンセル(下図右)には、気泡間に無数の通気孔があるため、ウレタン内部を空気が通過できます。

ウレタンのオープンセルとクローズセルの違い 図解

直置きに向くマットレスのカタチについて

直置きにおすすめなのは、上げ下げ・収納・部屋干しがやりやすい 三つ折りタイプ か 布団タイプ です。

【上げ下げし易く コンパクトにたためるマットレス】

三つ折りタイプ

  • 分厚いウレタン板が三分割され、コンパクトな1/3面積の立方体に変形します。
  • ゆるいS字にすると、壁無しでも立つので、部屋干しに便利です。
  • 素材がウレタンなので、比較的軽いです。

よめ
よめ
デメリットは湿気やすいこと。


布団タイプ

  • 布団の様に、緩やかなS字に折りたためます。
  • 中綿などの詰め物が充実しており、寝心地が良いです。

よめ
よめ
デメリットは、ウレタンより重くなりがちなこと。

個人的におすすめなのは三つ折りタイプで、その場でコンパクトな立方体になるため、完全に押し入れに収納しない人にも最適です。

コンパクトに折りたためる三つ折り構造のメリットはコチラ

ソファーとして使える

三つ折り構造のマットレスは、角の揃った立方体になるため、シーツをかければソファーになります。

\三つ折りタイプの収納&ソファー利用イメージ/

マニフレックス 収納とソファーのイメージ出典:https://www.magniflex.jp/

自立しての部屋干しができる

三つ折りタイプは、ゆるいZ型横向きにすると、狭い空間でも部屋干しができます。

壁に立てかけることなく部屋干しできるため、空間が限られている方にも便利です。

\三つ折りタイプの室内干しイメージ/

床敷き用マットレスに選んではいけないマットレスの特徴について

両腕を組んで真剣に考え事をするチェック柄のシャツを着た男の子

直敷き用マットレスおすすめしないマットレスの特徴は次の3つです。

折りたためない

床に直敷きは湿気を溜め込みやすくいため、収納配置換えをしやすい折りたたみ機能が必要。


通気性が悪い

床敷きは湿気を溜め込みやすいため、通気性・吸放湿性のよいマットレスでないと、すぐにカビてしまう。


厚みが足りない

薄いマットレスは身体の沈み込みが不足するため、体圧分散が不十分。

通気性はメンテナンス次第で対策できますが、収納性を重視して薄いマットレスを選ぶのは本末転倒です。

よめ
よめ
薄いマットレスを直置きすると底付きするし、睡眠の質は決して上がらない

できるだけ、8cm以上の厚みがあって三つ折りできるものを選ぶようにしてください。

【収納用マットレス おすすめのスペック&チェック項目・一覧】

項目素材・スペック補足・説明
高反発性能
  • 高反発ウレタン
  • ファイバー
表層に、寝返りをサポートする高反発素材が使われているのが理想。
通気性
  • 吸湿・放湿素材
  • オープンセル
  • ファイバー
  • 通気加工
床に直敷き・押し入れ収納も多いため、マットレス本体に通気対策が施されている方がよい。
厚み
  • 10cm以上
底付きで腰を痛めないための最低限の厚みとして10cmは欲しい。
三つ折り可否
  • バンドなしで三つ折り出来るもの
三つ折りできないものは、収納に向かない。
重量
  • 6kg~10kg
持ち運びしやすいのは10kg程度がベター。軽いに越したことはない。

マットレス 直置き|敷布団 比較

緑の縁取りの双眼鏡をつかって、こちらを微笑みながらのぞき込む小さな男の子

ベッドを使いたくない方には、昔ながらの敷布団と迷っている方も多いと思いますが、マットレスの方が断然お勧めです。

敷布団の特徴とデメリットについて

浴衣姿でうつぶせになり、敷布団の上で話をしている男女

敷布団は、畳の上で使うことを前提とした厚めのクッションで、寝具単体の性能はマットレスには及びません。

よめ
よめ
フローリング・ベッドフレームに使う寝具としては論外。

寝具単体の基本性能を比較すると、明らかに敷布団の方が劣ります。

【マットレス・敷布団 性能比較】

性質説明敷布団マットレス
反発性睡眠の質を高める、寝返りをサポートする性質。×
体圧分散姿勢を保持し、筋力の負荷を軽減する性質。

保持力

沈み込みを防ぎ、姿勢の歪みを防ぐ性質。
通気性睡眠環境を換気し、良好な睡眠を維持する性質。
保温性外気を遮断し、冷えを抑制する性質。
防ダニ・防カビ性寝具内のアレルゲンを抑制する加工。

ちなみに、姿勢歪みの原因となる「腰部の沈み込み」は敷布団では起こり難いものの、床や畳に底付きすることで沈み込みを抑制する仕組みなので、体圧分散性弱めです。

結果、敷布団による姿勢サポートや、筋肉の負担軽減には期待できません。

よめ
よめ
敷布団は、保温効果のある穏やかな緩衝材といったところ。

マットレスの特徴とメリットについて

マットレスの端を映した画像

マットレスは、寝具に必要な機能と性能を全て内包したオールインワンな寝具です。

寝具としての性能は、全ての面において敷布団よりも高いです。

【マットレスの特徴】

ベッドの上で仰向けになって天井を見つめる女性

マットレスには、敷布団にはない以下の特徴があります。

  • 高反発性寝返りをサポートする。
  • 柔軟性&クッション性&厚み:姿勢の歪みを最適化し、筋肉の負担を軽減する。

ちなみに、マットレスと敷布団の違い構造で、マットレスの一部(詰め物)に相当するのが敷布団と言えます。

【マットレスと敷布団 構造的な違い】

マットレスは、大きく2つの素材で構成された寝具です。

芯材と詰め物のイメージ図
  • 表層(詰め物):ウレタン・中綿・羽毛・羊毛など
  • 芯材:ウレタン・スプリング・ラテックスなど

よめ
よめ
「詰め物+芯材」で出来ているのがマットレスで、詰め物のみで出来ているのが敷布団といったところ。

寝具としての完成度が俄然違うので、睡眠の質・身体への負担なども大きく変わってきます。

例えベッドフレームを使えない(使いたくない)からといって、敷布団を使い続けるのは、身体にとっては易しくない選択だと言えます。

マットレスと敷布団の併用について

睡眠_マットレスの上で欠伸をする黒い犬

基本的に、敷布団とマットレスは相性が良くないので併用しません。

マットレスと敷布団の相性が悪い理由とは?

マットレスのに敷布団を乗せない理由

  • 敷布団の厚みが、マットレス本来の反発性能・柔軟性・通気性などのメリットを相殺してしまう。

マットレスのに敷布団を乗せない理由

  • 敷布団の吸湿性により、マットレス下に湿気を溜め込みやすくなる。
マットレスの中でも、5cm以下の薄いタイプ(トッパー)を使う時にのみ、敷布団を下に敷く場合があります。

ちなみに、マットレスの上面に何か乗せる場合は、敷布団ではなく次のアイテムを使います。

【マットレス上面に乗せるアイテム】

敷きパッドとベッドパッドの装着イメージ図解

トッパー

マニフレックス エルゴトッパーの表面図(ヴィスコースミックス)出典:https://www.magniflex.jp/

トッパーとは、6cm以下の寝心地を変える薄めのマットレスで、既存のマットレスに柔軟性・通気性・反発性をプラスするグレードアップアイテムです。

⇒マットレス トッパーの特徴やおすすめはコチラ


パッド類

ベッドパッド外観画像出典:ベッドスプレッドハウス

パッドも、マットレスの寝心地を変えるアイテムですが、主に防汚・吸放湿・保温などの役割を持ち、小まめにクリーニングしながら利用するメンテナンスアイテムです。

⇒マットレス パッドの特徴やおすすめはコチラ


シーツ類

シーツは、マットレス上面の汚れを防止する薄いカバーで、小まめにクリーニングしながら利用する、衛生アイテムです。
敷きパッドを利用する場合は、使わなくても良いです。

マットレス下面には、何も敷かない除湿シートを敷き込みます。

マットレス 直置き|直置きにおすすめのマットレス ランキング

フローリングに座る、ダメージジーンズをはいた女性の足元

直置きに向くマットレスは、通気性・メンテナンス性の高いものを選ぶのがポイントです。

1位 マニフレックス:メッシュウイング

マニフレックス メッシュウイング

マニフレックスは、ヨーロッパを代表する寝具ブランドで、驚くほどリーズナブル耐久性の高い高品質マットレスです。

中でも、三つ折りモデルは収納に便利な 三つ折り設計&通気するウレタン性能 の相性がよく、直置きで使いたい方に最適なマットレスです。

上位モデルになると硬さの異なるウレタンを組み合わせた多層構造が主流で、上質な寝心地を味わえる逸品ぞろいになっています。

\マニフレックスは10年以上の保証付き&低価格!

【マニフレックスシリーズ】

  • 価格:28,118円~248,050円
  • 芯材:高反発ウレタン(エリオセル)
  • 三つ折り:メッシュウイング・カモウイング・DDウイングのみ可
  • 構造:1層~10層
  • 硬さ:200N・170N・70Nのベース芯材を1~3つ組み合わせ
  • 反発性:高反発
  • 体圧分散:ふつう~非常に良い
  • 通気性:〇
  • 重さ:6kg~23kg
  • 厚さ:6cm~23cm
  • 耐久性:28D~75D
  • 保証:製品保証10年~15年

マニフレックスの口コミ&レビュー

2位 ソムレスタ:マットレスPREMIUM

ソムレスタ 3つのポイント

一見、おしゃれな敷布団にしか見えないソムレスタですが、高品質・高性能な素材をふんだんに使った3層構造ハイテクマットレスです。

ソレムスタの断面図解

硬め×高反発ウレタン内蔵で底付きもなく、腰痛持ちにも安心。適度な反発力で寝返りサポートもばっちりです。

体圧分散性通気性に優れたクッション層もフルジップで取り外し&洗濯が可能。常に衛生的に使えます。

非常に性能バランスが良く、評価の高いマットレスです。

ちなみに、10cmの厚みがありつつも、敷布団の様に折りたたみできるので日々の上げ下げもばっちり。ミニマリストにもおすすめです。

\シングル布団を上げ下げするミニマリストにもぴったり!/

ソレムスタ を三つ折りにして超手で抱える女性の画像
  • 価格:39,800円~69,300円
  • 芯材:高反発ウレタン(SOMRESTAフォーム)・合成繊維中綿
  • 構造:3層
  • 三つ折り:〇
  • 硬さ:154N
  • 反発性:高反発
  • 体圧分散:良い
  • 通気性:〇
  • 重さ:9.6kg~14.9kg
  • 厚さ:10cm
  • 密度:非公開
  • メーカー保証:1年(公式サイトから購入時は3年)
  • お試し:×

ソムレスタの口コミ&レビュー

3位 エアウィーヴ:Z01

エアウィーヴ 3つのポイント

エアウィーブは、抜群の通気性反発力をもったマットレスで、疲労回復効果が高くすっきり感を得やすいのが特徴です。

ファイバー自体はフラットに硬いのですが、詰め物が厚いのでマイルドな寝心地になっています。

また、芯材までが水洗いできるのも、他のマットレスには見ない特徴です。

\エアウィーヴは、芯材もカバーも水洗いできる/

エアウィーヴ マットレス ファイバー 水洗い 洗濯

筋肉量の多いアスリートの方や若い方、マットレスを丸洗いしたい方におすすめです。

  • 価格:35,200円~396,000円
  • 素材:エアファイバー
  • 構造:1~3層/ゾーニング
  • 三つ折り:スマートZ01のみ可
  • 硬さ:ふつう
  • 反発性:超反発
  • 体圧分散:ふつう
  • 通気性:◎
  • 重さ:5.5kg~(トッパー)/9kg~(三つ折り)/17kg~(マットレス)
  • 厚さ:3cm~7cm(トッパー)/9cm~25cm(マットレス)
  • 耐久性(密度):-
  • メーカー保証:2年・3年
  • トライアル:30日間(対象製品に限る)

エアウィーヴの口コミ&レビュー

マットレス 直置き|まとめ

ウサギのぬいぐるみを抱いて寝てしまった小さい女の子

直敷き収納に向くマットレスを選ぶポイントは次の通りです。

【直敷き・収納に適したマットレスを選ぶポイント】

緑の縁取りの双眼鏡をつかって、こちらを微笑みながらのぞき込む小さな男の子
  • 反発性能に優れたもの。
  • 通気性に優れたもの。
  • 充分な厚みがあるもの。
  • コンパクトにたためるもの。
  • すぎないもの。

上記を満たしたイチ押しマットレスは、マニフレックスソムレスタエアウィーヴです。

なお、床への直敷きは湿気を溜め込みやすくなるので、定期的なマットレスメンテナンスと、湿気対策はしっかりめに必要です。

マットレスの基本的なメンテナンス方法はコチラ

マットレスのメンテナンス方法は基本的に次の2つです。


ローテーション

マットレスのローテーション メンテナンスのイメージ図

寝る位置はだいたい決まっているため、一箇所にかかる圧力や摩耗を分散し、マットレスの劣化を緩やかにする方法です。

  • やり方:マットレスを上下・裏表を反転させる。
  • 頻度:3ヵ月に1度程度

室内干し

マットレスの室内干しのイメージ図 参考ビブラート1出典:https://subscmatt.com/

湿気を溜め込みがちなマットレスの上下面を空気に触れさせることで乾燥を促します。

  • やり方:通気性のよい室内に、マットレスの上下面が空気に触れるように立てかける。
  • 頻度:3ヵ月に1度程度
マットレスには、温度や日光に弱い素材が使われていることが多く、ほとんどの製品は外干し厳禁です。

以上、マットレスの直置き対策おすすめマットレスの紹介でした。

睡眠の質を下げないために、最低限の厚みだけは担保してくださいね。

マットレスのおすすめ&人気ランキングはコチラ