マニフレックス 枕

マニフレックス枕の選び方!サイズ・高さのおすすめは?

質・保証が厚く、枕としての総合評価も高いマニフレックス枕。

ただ、ラインナップが豊富なので、自分にあう枕選びで悩む人も多いですね。

今回は、マニフレックス枕の選び方タイプ別おすすめ枕を紹介していきますので、枕選びで迷っている方は、よろしければ参考にしてください。

マニフレックス枕の選び方|寝つき・熟睡感におすすめ

マニフレックス 枕 ピローグランデ 両手に持ちあげる女性

ピローグランデ:寝つきと熟睡感を優先する方におすすめ

寝つきと熟睡感に最も重要なのが実は通気性。

そして、マニフレックスで最も通気性を考慮したモデルが超ロングランのピローグランデです。

【ピローグランデの特徴】

  • シリーズ最多のエアホール数(500以上)で、睡眠中の快適さ随一
  • 幅広70cmサイズで、元気のよい方の頭も朝まで落とさない。
  • 価格:18,783円
  • サイズ:12cm×70cm×45cm

誰にでも使いやすい幅広スクエア型で、寝心地・ふんわり感・通気性・重量のバランスが最高。

「迷ったらコレ!」というほどおすすめの超ヒットモデルです。

マニフレックス枕の選び方|女性・頸椎カーブが緩い方

マニフレックス 枕 ピローサンパウロ

ピローサンパウロ:女性や頸椎カーブの緩い方・ストレートネックの方におすすめ

頸椎カーブが緩めの方は、低めの枕・頸部分に盛り上がりのない枕を選ぶのがポイントです。

頸椎カーブが緩めの方は、高さのある枕や頸椎部分が盛り上がった枕を無理に使うと余計にストレスになり、寝つきが悪くなったり首凝り・肩こりが起こりやすくなります。

おすすめは、マニフレックスで最も高さの低いピローサンパウロ

枕高さわずか5cmながら、しっかり目の通気ホールも備えた高性能な枕です。

 

マニフレックス 枕 ピローサンパウロ パッケージ外観

  • マニフレックス枕で最も薄く、携帯にも特化したピロー。
  • 持ち歩きに便利なトラベルロール付き。
  • 通気性:ピローホール200個で通気性抜群。
  • 価格:13,750円
  • サイズ:5cm×50cm×26cm

よめ
よめ
外泊だと低い枕には出会えないので、持ち運びやすいのも嬉しい。

マニフレックス枕の選び方|横向き寝

マニフレックス 枕 バイオシェイプピロー

横向き寝が好きな方におすすめ

横向き寝が好きな方は、中央部分とサイド部分で高さの異なるバイオシェイプピローがおすすめ。

仰向け状態からころんと寝返りした位置が少し高くなっているので、横向き寝した時の首のすわりが丁度よきです。

幅も50cm以上あるので、寝返りしても落ちにくのもポイント。

マニフレックス 枕 バイオシェイプ 頭をのせたイメージ図

【バイオシェイプピローの特徴】

  • 自然に寝位置が決まるエルゴノミック構造
  • 横向き寝でも安定する立体成型。
  • 価格:14,520円
  • サイズ:レディース 7cm×55cm×35cm/レギュラー 9.5cm×52cm×32cm

ちなみに、バイオシェイプピローはサイズ表記がレディース・レギュラーとなっていますが、違いは高さカバーのカラーバリエーションのみです。

よめ
よめ
実質、性別関係なく使えます。

マニフレックス枕の選び方|腰痛・肩こり

肩こり 女性

腰痛・肩こりもちの方の選び方

腰痛持ち・肩こり持ちの方の枕選びは、寝返りのしやすさと自然な頸椎カーブを作れているか?がポイントです。

◎寝返りのしやすさについて

マニフレックス枕は、全てが高反発ウレタン製。

なので、寝返りのしやすさはどれを選んでも問題ないでしょう。

跳ねるほどの反発力はありませんが、力を入れずに寝返りできるくらいのサポート力は充分あります。

◎寝姿勢について

寝姿勢は、マットレスとの組みあわせで見直す必要があります。

特に腰痛は反り腰が原因になっていることが多いので、マットレスのへたりや沈み込みをチェックしましょう。

首こり・肩こり枕の高さがあっていないと起こりやすくなります。

枕の理想的な高さは次のとおりです。

  • 仰向け時:15℃
  • 横向き時:背骨とほぼ同一線上

 

よめ
よめ
寝返りサポートはマニフレックス枕ならどれも大丈夫。凝りはいま使っているマットレスとの兼ね合いで適切な高さを選ぶ必要があるよ。

マニフレックス枕の選び方|洗濯のしやすさ

音楽を聴きながらクリーニング店でクリーニングする女性の画像

お手入れのしやすい枕の選び方

マニフレックス枕のお手入れのし易さに大きな違いはありません。

【マニフレックス枕 基本仕様】

  • 芯材:水洗い不可。
  • カバー:取り外し&洗濯可。

敢えてメンテナンスのしやすさを挙げるとするならばサイズ感でしょうか。

マニフレックス枕は大きさ・重量ともにそこそこあるので、取り扱いのしやすさで言えば、ピローサンパウロが最も扱いやすいと言えます。

マニフレックス 枕 ピローサンパウロ パッケージ外観

マニフレックス枕の選び方|サイズ・高さ

マニフレックス枕のラインナップ&サイズ一覧

マニフレックス枕の種類・サイズ一覧は次の通りです。

【マニフレックス枕 ラインナップと価格(税込)一覧】

  外観 通気 高さ  サイズ 価格(税込)
ピローグランデ マニフレックス 枕 ピローグランデ 利用シーン 12cm 70cm×45cm 18,783円
フラットピッコロ マニフレックス 枕 フラットピッコロ 8cm 60cm×34cm 14,520円
ピローサンパウロ マニフレックス 枕 ピローサンパウロ 5cm 50cm×26cm 13,750円
エア・トスカーナ マニフレックス 枕 エア トスカーナ 10cm・9cm 70cm×40cm 18,783円
バイオシェイプピロー(レビュラー) マニフレックス 枕 バイオシェイプ 外観 9.5cm 52cm×32cm 14,520円
バイオシェイプピロー(レディース) マニフレックス 枕 バイオシェイプ 7cm 55cm×35cm 14,520円
ピローグランデロング マニフレックス 枕 ピローグランデ ロング 14cm 135cm×34cm 29,040円
フラットカモ マニフレックス 枕 フラットカモ 8cm 60cm×34cm 14,520円
バリューピッコロ マニフレックス バリューピッコロ 8cm 60cm×34cm 8,690円
ロロボール・ピロー マニフレックス 枕 ロロボール ピロー 可変 50cm×80cm 8,500円

マニフレックス枕の選び方|まとめ

マニフレックス枕を、“枕の性能+汎用性”でおすすめすると次の通りです。

高さや寝姿勢に拘りがないなら、以下TOPのモデルと優先が目安になるでしょう。

【マニフレックスのおすすめTOP3】

  1. ピローグランデ
  2. ピローサンパウロ
  3. バイオシェイプピロー

好み別のおすすめとしては次のとおりです。

【枕の好み別 おすすめマニフレックス枕】

マニフレックス枕を選びでまよったときは、ぜひ参考にしてください。


マニフレックス 枕 3つのポイント

マニフレックス枕は、エリオセルMFをふんだんに使った高品質×高反発枕です。

【エリオセルMFとは】

エリオセルMFとは、マニフレックスの独自開発したウレタンフォームです。

温度変化に強く、通気性・柔軟性・反発弾性を合わせ持った非常に柔らかいウレタンです。

ほとんどのモデルにエアホール加工*が施され、抜群の通気性と、弾力のある柔らかいフィット感があるのが特徴です。

*:エア・トスカーナを除く

マニフレックス 枕 ピローグランデ 両手に持ちあげる女性

【マニフレックス枕 仕様】

  • 価格(定価):8,500円~29,040円
  • 芯素材:高反発ウレタン(エリオセルMF)
  • 構造:1層
  • 高さ調整:×
  • 奥行き×幅(cm):26cm×50cm~45cm×70cm
  • 高さ:5cm~14cm
  • 反発性:高反発
  • 硬さ:非常に柔らかい
  • 通気性:〇
  • 耐久性(密度):75D
  • 保証:製品保証3年
  • お試し:×

マニフレックス枕の評判&レビュー